日々の出来事や感想を書いていけたらとおもいます。 常日頃、どうでもいいことを考えています。

クリスマス

「クリスマスの思い出」は、トルーマン=カポーティの自伝的小説です。短編なので読みやすい。

アメリカではこの時期に朗読でよく使用されるそうです。

村上春樹訳「誕生日の子どもたち」に収録されているものを読みました。
かポーティー

カポーティ少年は、親権争い中に親元を離れ親戚のところで暮らしていました。
その共同生活の住民の一人、スックという60過ぎた彼のいとこは、「バディ」と彼のことを呼びます。
彼女が子供の頃に亡くなった仲良しだった男の子の名前がバディだったそうです。

内容としては彼女と彼と飼い犬クィーニー(かわいい)とクリスマスの準備をする話です。

クリスマスのフルーツケーキ作りのための材料集めとクリスマスツリー、クリスマスプレゼントの準備をし、無事クリスマスを迎えます。

作ったケーキ(31本も!)はすべて贈り物として消えるので、味の描写はありません。

終始子供の目線で描かれ少年カポーティと一緒に追体験した気分です。
エピローグの静けさが心を透明にします。思わずカポーティと一緒に空を見上げるよね。
凧を探すよね。

この話を読了して、喪失感が半端なかったのでクリスマスについて考え、ブログでいろいろ書いてみました。
そして、今年は空飛ぶスパゲッティモンスター教の私も、
クリスマスをもう少しちゃんと祝ってみたいなと思いました。


この件でいろいろ調べていると、グレーテルのかまどで、カポーティーのクリスマスケーキがでてました。私のイメージもこんな感じです。
子どもの頃、親せきのお姉さんが赤と緑のドレンチェリーが入ったパウンドケーキをよく作ってくれたなぁ…(あのまがまがしい色のものがチェリーという事実に戦慄を覚えている)




ホームアローンの主題歌ですね↓「Somewhere in my memory」
歌詞が素敵




読んでいただきありがとうございます。
~ランキングに参加してます~ 

ぽちっと押していただいたらありがたいです。

↓ちなみに私は自分でもポチったりしてます。↓



絵日記ランキング




トーマスキンケードはアメリカの著名な画家で、ディズニー公認でいろいろな作品の絵も描いています。
無題79_20191203200821

公式HPはこちら ←クリスマス関連の絵がたくさんあり、なごみます。
無題79_20191203200852
綺麗な絵がたくさんあります。これは画集からですが、HPにも同じ絵がありました。


スターウォーズもあるんだけど何だコレ…


私はキャラクターとかファンタジーなものより、古き良きアメリカ的建物の絵の方が好きです。

私の所持している画集「Home Is Where the Heart Is」は、

建物の絵が好きな私はここの本に出てくる絵が美しく暖かい絵で本当に好きでした。


そんな彼ですが、残念ながら2012年にお亡くなりになったそうです。。

敬虔なクリスチャンで、愛情に飢えた子ども時代を送ってきたそうですが

画家として成功し、アメリカでは20軒に1軒は彼の絵のコピーを所有しているそうです。
(もちろんWiKiから。あなたの豆知識はどこから?私はWiKiから)

ですが、破産したり死因が薬物の過剰摂取とアルコール急性中毒だったり


離婚係争中で、彼の死後別居中の妻と、同居中だった彼女とで権利関係で揉めてあばばばば

著者近影の仲睦まじい家族写真が今見ると本当にあばばばば。

家族も宗教も社会的地位も彼の救いにはならなかった。
救いは彼が描いた絵の中にあったのにと私は思います。

いろいろ絵に関しても賛否があるようですが、

ゴッホより~普通に~キンケードが好き~!!


画集にあるような家にいつか住んでみたいなと妄想していましたが、

今はこれエアコンの室外機どこにつけるの?とか

布団はどこに干せば?
とか考えてしまいます。

ホーム関連で、「私の青空」という歌があります。せまいながらも楽しい我が家~♪と歌っていますが、原曲は「My Blue Heaven」という曲です。

元の歌は薔薇あって暖炉があって妻と赤ちゃんと自分の3人、小さな巣で幸せ~といった感じの歌です。

日本の方の歌ですと、ちゃぶ台と裸電球に一家がひしめきあってる感じですが
向こうは新婚さんのお家ですね。
どちらも幸せな感じで好きです。
まさにHome Is Where the Heart Is。
無題76_20191211224827


↓いい笑顔してるぜ…





読んでいただきありがとうございます。
~ランキングに参加してます~ 

ぽちっと押していただいたらありがたいです。

↓ちなみに私は自分でもポチったりしてます。↓



絵日記ランキング

クリスマス映画といえば、私の中で「ホームアローン」ですが、(昨日テレビでやってましたね!)

私のみた映画で、クリスマスのロマンス系は「セレンディピティ」かなと。

ロマンス系は急に観なければ(使命感)みたいな気持ちになります。
ロマンス系のコメディ物は脳みそ使わなくていいし、何があってもハッピーエンドになるだろうという余裕を持った気持ちで観れます。
肌はカサカサ。 財布はスカスカ。 せめて心に潤いが欲しい。
2時間かけて悲しい話はみとうない。

そんなわけでかなり昔にTVでやっていたのを視聴した映画です。
視聴したのが昔過ぎたのでネットであらすじを再確認して書いてます。

【セレンディピティ】(2001)
クリスマス前のニューヨーク。買い物で賑わうデパートでジョナサンサラは出会った。それは偶然に同じ商品の手袋へ手を伸ばした時。2人は譲り合っているうちに惹かれ合うものを感じ、“幸せな偶然”という名のカフェ“セレンディピティ3”でお茶をする。2度目の偶然の再会はすぐに訪れ、2人は運命を感じはじめていた。しかし、サラはこれが本当の運命なのか試そうと、ある“提案”をして去っていった。数年後、ジョナサンは婚約し、一方サラはミュージシャンの恋人から求婚されていたが、まだ2人はお互いを忘れられないでいた…。(yahoo映画より)



↓予告編



セレンディピティとは幸運な偶然とかシンクロニシティとかそういったようなことを言うらしい。ふとした偶然からチャンスを見出したりすることです。たぶん。

電子レンジの発明や、ラップの発明とか、ペニシリンやナパーム弾とかの発明もそうらしいです。
…ナパーム弾??あとLSDの幻覚作用の発見とかも…げ、幻覚作用?

恋をすると幸運な偶然みたいなものを信じてみたくなりますね♪

以下ネタバレですが、



何度もすれ違いながら、セレンディピティに助けられ、ラストにようやく再開してハッピーエンドです。逢いたくて震える。
会えそうで会えないとか擦れ違いのもどかしさとか恋愛物の鉄則です。それだけを延々繰り返す話です。(一応彼らはお互いに探す努力はかなりしている。)

まあめっちゃタイプの人と印象的な出会いをしたら、もう運命だって思いますよね。でもお金や本に字(アドレス)を書いてはいけないよね!常識的に。

ヒロインのサラの職業が心理カウンセラーっですって。
結婚式直前で振られたジョナサンの婚約者ハリーのメンタルのほうが心配です。

途中でサラの友人で一緒にジョナサンをNYまで探しに来てくれたイヴがハリーの友人と判明します。
ハリーもイヴも何も知らずに再開を喜び結婚式来てね~!みたいなやり取りをするんですよね。

その設定いりますか?
セレンディピティ
カウンセリング行ったらカウンセラーにサラが出てきそうなくらい逆セレンディピティがありそうなハリーさん。

フィクションだからと思いつつ、
しかし周りをこんなに不幸にしても、天が彼らに味方をする理由がわからない。
そう思う私は歳をとりすぎたのかもしれません。

最終的にくっついた二人の子どもがペニシリン並に将来世界を救う役割を担うから、未来から来た何者かが介入し、セレンディピティを演出した
というならまあわかる。

ここ迄書いておいてなんですが、クリスマスの映画としては、
最高にロマンティックなので観てほしいです。
特に片思いをしている方は鑑賞して損はありません。
ちょっとしたサインを信じて行動したくなります。勇気をくれます!
ラストのスケートリンクのシーンはすごくいいシーンだなと思いました。



読んでいただきありがとうございます。
~ランキングに参加してます~ 

ぽちっと押していただいたらありがたいです。

(どうしてもフラれた方に肩を持ってしまうあなたは以下のボタンを
そっと押してくださいませ。)



絵日記ランキング



昔々のあれはいつかのクリスマス…

クリスマス4

何かクリスマスの概念が消失してた。


名作「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」名作「ゼルダの伝説 時のオカリナ」の続編です。

当時我が家にはニンテンドー64がありました。

当時は攻略サイトを見てやる感じではなく、(探せばあったと思う)どうしても先に進めず攻略本を買いに師走の街を走ったのでした。

超序盤のところで、飛びながら移動しなければならないところをデグナッツ(敵)が攻撃してきて…

飛んでるとき無防備なのに…ひどいっ…!!きぃぃぃ!!となりまして。

そしたらあいつ倒せるんですよ!先に倒してから渡ればよかったんですよ!

きぃぃぃ!!

でも攻略本のおかげでエンディングを無事迎えられて感無量…

馴染みのない方は知らないと思いますが、
ゲームの攻略本って分厚すぎて、開いたままにできないの。
足で抑えるしかないの…


という感じの冬休みでした。気が付いたらクリスマスが終わっていました。

3DS版↓



今年は、名作「夢をみる島」がリメイクされたようで。リメイク版もコッコいじめと店から商品盗んだりもできるのでしょうか?

ちなみにリングフィットアドベンチャーを購入したのですが、キャラクターにリングというやつがいて、
一瞬、「え?リンク?こんな姿になって…」と思ったのですがそんなわけなかったです。リンクだったらよかったのになぁ(感嘆)ももあげあげ!!


読んでいただきありがとうございます。
~ランキングに参加してます~ 

ぽちっと押していただいたらありがたいです。

↓ちなみに私は自分でもポチったりしてます。↓



絵日記ランキング

クリスマス・ファシズムは、「若者はクリスマスを恋人同士で過さないといけない」というイデオロギーのこと。コラムニストの堀井憲一郎がその存在を唱えた概念。に恋人と過ごさなければならないイデオロギーのこと。(wiki) 無題74_20191201114622
かなり前に、たまたまラジオを聴いてたら堀井氏が熱く語っていて、なかなか面白いなと思っていたのですが、ネットで調べたらwikiに出てきました。
ファシズムという言葉のインパクトが凄いです。



70年代は子供のためのものだけだったのに、80年代から突然カップルで過ごすものになったそうです。

『堀井によると、1982年以前は「クリスマスよりお正月が大事だった」が、1983年12月の女性誌『アンアン』でクリスマス特集が組まれ(「クリスマス特集 今年こそ彼のハートをつかまえる!」)、その後、男性誌『ポパイ』の「彼女のプレゼントにこれをあげよう特集」(1988年)を皮切りに、1990年には『ポパイ』「完璧クリスマス準備企画 もうクリスマスは怖くない」、『ホットドッグ・プレス』「必勝! 2人ですごすイヴ大作戦」等の特集が組まれ、「クリスマスは恋人たちの日である」という思想が全国展開された。』(ウィキペディア/クリスマスファシズムの項目より)


ただ過ごすだけならまだしも、いろいろコストもかかるようになってしまいました。


私もはなきんデータランドを視聴して、大人になったらクリスマスに2万円以上のフレンチを食べて、ティファニーのオープンハートを貰うものだと刷り込まれました。

恋人はサンタクロース~寒そうにサンタクロース♪
プレゼント(マグカップ)かかえて~♪
(ほら、お前この前割ったじゃん?)

お前、痛快うきうき通りを行ったりきたりした結果がこれか?
と思った方はファシズムに染められているのでしょう。

年齢によりますが恋人からのプレゼントとなりますと一気にハードルがあがりますね。
無題77_20191201113450

マグカップでもぜんぜん嬉しいよ~という方は幸いです。

彼らは聖ニコラウス柄のマグカップを与えられるでしょう。

クリスマスプレゼントは贈る側の愛を測るもののではなく、贈られた側がプレゼントをくれた人への愛を測るものかもしれません。


読んでいただきありがとうございます。
~ランキングに参加してます~ 

ぽちっと押していただいたらありがたいです。

↓サンタクロース体型の夫はプレゼントではなく、膝に爆弾を抱えています。↓



絵日記ランキング


↑このページのトップヘ